top of page

4月18日佳き日。

代官山「晴れたら空に豆まいて」での奇跡的な『15の夜』を経て

都会からの帰還を果たし、映画もちゃっかり観てから八ヶ岳へと向かう16日。

雄大な山の連なりが眼前に現れるともう叫びだしそうに嬉しくなった。

でも心は何度も代官山の夜へと繋がるから、

ライブでやってた曲を車の中で何度も繰り返し聴く。

特に「五月」(馬喰町バンドさん)

大好きすぎて、愛おしすぎて、たまらない。切ない。優しい。

胸ぐらにそっと指を這わせて心の奥のツボを押されてしまう。

押して欲しかった、確かに、誰かに。


あぁ、こんなに惚れちゃう唄に久しぶりに出逢った。




さて、翌日は朝から早起きしまして

「ここ好きなように使ってよいよ」という古民家近くの山林(!)を観に行く。

柔らかい木立ち。うん。うんうんうんいい。

そこは散り際の桜もあって、来年のことを想ってまた胸が高鳴る。

さぁここで 

まず地中や樹々や草花にとって心地佳い空間を作れたら楽しそう過ぎる。

時折お邪魔する人々にも嬉しい場所にきっとなる。


さぁ、お次は長坂の八ヶ岳PA直ぐ傍の自然農家牧場へGO。

ヤギさんもヒツジさんも絶好調に草を喰む。はむはむはむ。

可愛いが渋滞している。

全員優勝。


さて17日はそこでみんなで持ち寄りブランチ的な寄り合いミーティング。

甲府のめったら美味しいカレーとナンとサフランライスが届いたり

そこで具だくさんにも程がある粽的な餅米のご飯に

敷地内の山椒の芽を載せて、蒸したて熱々をいただいたり

がっつり調味料からお手製の麻婆豆腐も披露されたり

私はといえばイチオシのオホーツクジビエさんの蝦夷鹿ローストを持参。

熊本発「ようちゃんの万能調味だれ」やお醤油&柚子胡椒でいただくのだ。

その場で熊本発「ごぱん」も蒸してみんなで分けて食べるのだ。


風吹く空のもと、これまでの自分の紹介とここでのこれからについて

お話しながら、舌鼓をポンポン打ち鳴らしながらみんなでストーブを囲む。


お昼には終了し、ほどなく、一緒に代官山で熱い夜を過ごして

翌日の夜にも渋谷でライブをかましてから

翌朝高速バスにダッシュで乗り込んだらしい

佐伯真有美(オニちゃん)が八ヶ岳PAにギターを背負って降り立ち、合流。

ヤギさんとヒツジさんにひとしきりご挨拶して草を献上した後

日野春古民家に戻りオーツ麦ミルクと米粉ドーナツで一息ついてから

みんなでフォッサマグマの塩沢温泉へと向かう。


富士見町でおしゃれ過ぎるワインバーをやってるぺろちゃんと温泉で再会。

2時間半くらい、オナゴ3人どっっっっぷり湯に浸かる。

話は尽きず、指先はへちゃへちゃのしおしお、ほっぺは超ツヤツヤ。

ご満悦でぺろちゃん宅へ到着すると、

ぺろちゃんが仕込んでた尋常でなく美味しい料理たちを

テーブルに放ち始める。


どれも美味いどれも旨いどれもどれもどれもがぁぁああああ!!!!!!!!!

仲良しのカメラマンも合流して

みんなで乾杯を繰り返しながらおしゃれで美味しいのをひたすら食べて

くだらないモノマネとかで歌ったり急に哲学的になったり

でもやっぱ基本アホみたいな話ばっかしながら夜は更けていったのだった。


だって、金柑をスライスしてブルーチーズと蜂蜜とビネガーでマリネしたのの上に

スモーク感のしっかりあるしっとりきめ細かい生ハムを

花びらみたいにふわりさらりとあしらっちゃったりするのだ。


ワインバーのママ、恐るべし。



さんざん食べて歌って笑って眠って、

翌朝はまた美味しい台湾風のお粥をいただいて。

ちなみにライブの翌朝、つまり鬼役をがっっっっつり演った翌朝、

ちょっと信じがたい濃さでひげが(唇の上にほんとにしっかり)生えてて

もう引くレベルだったので、周りの喜びそうな人に一通り見せてから

人生初【光脱毛】をぺろちゃんにやってもらったのだった。

バチン!パチン!と

ポップな根性焼きみたいにちょいアツを繰り返すのだ。

すごいなこれ。

これをオシャレ女子はみんなやったりしてるのか。

すごい。ほんとすごい。



オニちゃんぺろちゃんと分かれて家に帰ると、

なんと石垣島に移住した大事な友だちから、

めぇっちゃ美味しそうなピーチパインがどっさり届いてた。

ただでさえ目利きな彼女のセレクトはいつだって間違いがなくて

パイナップルさんはもう

手に持った瞬間に身体がぱぁあああああああああああああんっとなった。


嬉しい。嬉しい嬉しい嬉しい。


東京の大事な仲間と電話でひとしきり話し、

心がすっかり温かくなったところでさぁ、和太鼓を返却しに行きます。

パイナップルと共にいろいろと手土産を買い込んでからいざ諏訪へ。


先日ありえない急な申し出に快諾の極みだったご夫婦は

やっぱり心地よく清々しい笑顔で迎え入れてくださり

無事にお返しして、お礼と手土産もお渡しして、

「これからもものすごくよろしくしたいです感」

をぷりっぷりに出しながらご挨拶して帰る。


あぁ、嬉しい。

ほんの短い時間でも素敵な人達と一緒に過ごすと

やっぱり身体はとても元氣になるものですね。


連日の睡眠不足がすっかりチャージされたその勢いで

「GET WILD」(TMN)

を歌いながら夕闇の20号線をひた走り原村へ。


大好きな人達とのお夕飯会。

パイナップルが大好きな人がホストで、タイミングの良さに震える。

朋ちゃんありがとう。大喜びしてもらえました。


そして案の定、

コンベクションオーブンで焼く直前のピザもグラタンもスタンバイされてる

いい香りがいっぱいのキッチン。

お部屋にはいっぱいお花が活けられてる。

あぁ心が潤う。

絶妙なタイミングで次々繰り出される美味しいものに感激。

丁寧に作られた料理は本当に心も身体も幸福になるものだなぁ。


……あぁぁぁあっぁぁあっぁぁあああああ幸せ。


あんなことこんなこと話していっぱい笑って、

美味しいデザートと珈琲もいただきまして、

満たされまくって家路へ。



さて、明日も好きな人に逢いに行きます。大好きなお店にも再来訪の兆し。

Comments


bottom of page